>  > 解雇通告を受けたのでもういいかなと

解雇通告を受けたのでもういいかなと

解雇通告、つまりはクビになると宣告されました。でも仕方ないかなと。身に覚えのない解雇通告ならこちらとしても異議申し立てとか考えますけど、この前ダイナミックなミスをしてしまったんですよね。自分自身、はっきり言って解雇以外での責任の取り方が思い浮かばないので実力不足だったってことでしょうね。でも解雇通告を受けてからは結果が決まったのでむしろ開き直って楽しめるようになりましたね。例えばですけど風俗にも行くようになりました。それまでは仕事のプレッシャーのおかげで風俗に行こうって発想にさえならなかったんですよ。風俗に行っている間にいろいろと変わったらどうしようとか、その間も自分自身のやるべきことがあるんじゃないかとかいろいろと心配してしまったんです。でももう会社の方針についていく必要もないのでリラックスして仕事帰りに風俗に行けるなって。風俗に通うようになって思ったのは、むしろ風俗で気分転換出来るなって。

ヤンキーと思いきや美人だった

正直、風俗店のホームページで彼女を見た時ヤンキーかなって思ったんですよ(笑)茶髪じゃなく金髪。今の時代風俗嬢でも茶髪はともかく金髪ってあまり見かけないじゃないですか。それだけに本当に驚きました。でも逆に興味が湧いたんです。それで彼女を指名してみたんですけど、外見はヤンキーテイストですけど中身は割と普通でした。むしろ外見がそうだったからこそ、少し普通ってだけで「普通」に見えてしまうのかもしれませんが、割と真面目だし、こちらのために細かい部分まで見てくれるし、シャワーの際はお湯の温度まで気にしてくれるような女の子だったんです。だから彼女は一緒に居ればいる程第一印象からどんどんかけ離れていく女の子でもありましたね。だから相当楽しい時間になったんじゃないかなとも思います。実際問題、あれだけ楽しい時間はなかなか過ごせません。初対面なのに細かい部分まで気を使ってくれましたし、文句なしなんじゃないかなって思いますね。

[ 2016-04-21 ]

カテゴリ: 風俗体験談